読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部落解放同盟は “同和奨学金” で甘い汁を吸い続けてきたことに対する見解を出せ

 大阪市が同和対策事業の一環として、「 “同和奨学金” という名目で学費を貸与し、返済を免除する」との政策を続けて来ました。

 しかし、返済免除の法的根拠がなかったことから対象者に奨学金の返済を求めたところ、一部が拒否し、市が裁判を起こしたと NHK が伝えています。

続きを読む

行政を歪めていた責任者である事務次官であっても、政権批判のためならヒーローに仕立てるマスコミ

 「テロ等準備罪」の新設を含めた組織犯罪処罰法の改正案が成立することを妨害するために、マスコミが国会を空転させようと奔走しています。

 『森友学園』や『加計学園』のケースがその典型例と言えるでしょう。政権側の問題はないにもかかわらず、「首相との親しい関係がある」との言いがかりを付けることでメディアが騒ぎ立てているからです。

 特に、『加計学園』の件は政権批判を目的とした “民進党の裏切り” と朝日新聞など “マスコミの娯楽” にされた典型例となっています。

続きを読む

「大学授業料の “出世払い” は大学自身がやるべき」という荘司雅彦弁護士のアイデアは秀逸だと思う

 自民党の教育再生実行本部が『大学授業料の出世払い』を安倍首相に提言したことに対し、弁護士の荘司雅彦氏が自身のブログで「大学授業料の “出世払い” は大学自身がやるべき」と主張しています。

 このアイデアは非常に秀逸なものと言えるでしょう。各大学ごとに独自色を打ち出すことができ、教育による人材育成に本腰を入れることが期待できるからです。

続きを読む

大飯原発再稼動で関電管内の電気料金は下がる、反原発派はそのことを隠すな

 関西電力が保有する大飯原発3・4号機が安全検査に合格し、今秋以降に再稼動する見通しが立ったと日経新聞が報じています。

 高浜原発の営業運転が開始されれば、関電管内の電気料金は下がります。その上で大飯原発が営業運転に入れば、さらに電気料金は下がるだけに関電管内の電力消費者にとっては朗報と言えるでしょう。

続きを読む

「式辞に歌詞を引用したら、JASRAC から使用料を請求された」との “飛ばし記事” を書いた京都新聞こそ、批判されるべきだ

 京都新聞が5月19日付の記事で「式辞に歌詞引用、著作権料を」と書いています。

 内容自体が誤報なのですが、“JASRAC 憎し” の感情を持つ人々が誤報を出したマスコミではなく、JASRAC を批判していることは「ありえない」と言えるでしょう。

続きを読む