「質問通告を前日深夜に提出する野党に働き方改革を進める資格はあるのか」と小泉進次郎が苦言

 長時間労働が問題となっている日本では「働き方改革」が1つの政治テーマとなっています。

 ところが、働き方改革を率先して進めるべき立場にある政治家が逆行する振る舞いをしていると自民党・小泉進次郎筆頭副幹事長が指摘していると TBS が伝えているのです。

 少なくとも、長時間労働または拘束を強いるようなことをする議員は与野党に関係なく、批判されるべきでしょう。そのような議員には「働き方改革」を論じる資格はないと言えるはずです。

続きを読む

日本国籍未取得の白鵬が “特例” で『一代年寄』を取得することに反対する

 歴代横綱の中でも突出した安定感がある白鵬が注目される点は「どこまで記録を伸ばすのか」と「引退後の処遇」と言えるでしょう。

 『一代年寄』を取得するに相応しい堂々とした成績を残している一方、日本国籍を保有していないことが問題となります。“特例” という形を検討すべきケースなのですが、現状では “特例” で『一代年寄』を与えるべきではありません。

続きを読む

ドイツの連立交渉が決裂、窮地に立たされたメルケル首相の決断に注目が集まる

 2017年のドイツ議会総選挙でメルケル首相率いる『キリスト教民主・社会同盟(CDU / CSU)』が第1党となるも、過半数は獲得できませんでした。そのため、連立交渉が行われていたのですが、それが決裂したと NHK が伝えています。

画像:ドイツでの連立交渉失敗を伝える NHK ニュース

 窮地に立たされたメルケル首相が採ることができる選択肢は限られており、どういった決断を下すのかが最大の焦点と言えるでしょう。

続きを読む

「なぜ、リベラル(左派)の支持が下がっているのか」という問いに対する答えは極めてシンプルである

 左派系政党への支持が世界的に下落傾向にあります。日経新聞朝日新聞が記事にしているのですが、原因を把握しておく必要があるでしょう。

 理由は極めてシンプルなものだからです。

続きを読む

無責任なマスコミと有識者、自らが騒ぎ立てた森友・加計学園の疑惑から逃げを打ち始める

 毎日新聞の杉本修作記者が「疑惑を払拭できるのは安部首相だけ」と森友・加計学園の “疑惑” に対する主張を展開しています。

 しかし、あまりに無責任なものと言えるでしょう。なぜなら、疑惑を騒ぎ立てた張本人がマスコミであり、有識者だからです。その責任は騒いだ者たちが取らなければなりません。

続きを読む