中国と通貨スワップ協定を締結する “見返り” を日本政府は示す責務がある

 NHK によりますと、10月26日に行われる日中首脳会談に合わせて両国政府が通貨スワップ協定を再開することで合意する見通しとのことです。

 以前よりも額が10倍になるとのことですので、明らかに「中国への助け舟」と言えるでしょう。つまり、相応の “見返り” を手にしている必要があるのですが、その説明をする義務が政府にはあると言えるはずです。

続きを読む

ヨーロッパ訪問で「EPA の早期発効」を始めとする一連の案件で仕事をした安倍首相の働きは評価されるべき

 NHK によりますと、ベルギーを訪問している安倍首相が EU のユンケル委員長と会談したとのことです。

 その中で、「EPA の早期発効」や「イギリスの EU 離脱問題」などで日本の立場を伝えたことは評価されるべき点と言えるでしょう。なぜなら、いずれの言及も日本の国益にプラスとなるものだからです。

続きを読む

認知症の患者が勝手に出歩いて怪我をすれば入院施設に賠償判決が下されるのだから、「拘束を減らすべき」との学者からの提案は無意味

 「認知症の人々が入院した際、約3割が身体を縛られるなどの拘束を受けていた」との調査結果が明らかになったと読売新聞が報じています。

 これは止むを得ないと言えるでしょう。なぜなら、拘束を禁じるなら、認知症を抱える入院患者を24時間体制で監視し続けなければなりません。そのための人員コストは非常に高額であり、病院経営が成り立たなくなるという現実を司法・学会・メディアは自覚する必要があるでしょう。

続きを読む

巨人がセリーグの覇権を取り戻すには「打線として機能すること」と「ブルペン陣の整備・底上げ」が必要不可欠

 2018年のプロ野球はレギュラーシーズンが終了に近づき、ほとんどのチームが来年以降の編成に注力し始めています。

 セリーグは広島カープが圧倒的な強さを見せたため、それを止めらるチームが出てくるかが鍵になるでしょう。プロ野球は “興業” ですので、「集客能力のある人気チームの低迷」はマイナス面が大きくなります。

 その代表例の1つが巨人であり、“強いジャイアンツ” が復活することは必要と言えるでしょう。

続きを読む

朝日新聞、韓国を見習う形で “県民情緒法” を持ち出し、辺野古移転問題で沖縄県に肩入れするトンデモ記事を掲載する

 朝日新聞が10月17日付の記事で「辺野古工事、政府が奇策再び」と移転反対を主張しています。

画像:朝日新聞が報じた記事

 この記事で問題なのはタイトルで “法的に決定した手続き” を「奇策」と主張していることでしょう。『感情』が『法』を超越するのは「韓国の悪しき習慣」です。

 そのようなロジックを沖縄の基地問題に輸入する朝日新聞に法令遵守の姿勢はないと言わざるを得ないでしょう。

続きを読む