社会

農水省が『豚コレラ』のワクチン接種可を決断、『洗浄国』認定を失うことによる “中長期的な弊害” への対策も必要な状況に

「江藤拓・農林水産大臣が豚コレラのワクチン接種に踏み切る方針を決め、必要な手続きに入ると表明した」と NHK が報じました。 江藤農水相は9月11日に行われた内閣改造で初入閣をしました。それから10日も経たない内に『ワクチン接種』を可能にする環境を整…

「東電の旧・経営陣が津波を予見できた」と認定するなら、“沿岸沿いの防波堤工事を怠り続けた行政” も同じロジックで有罪となる

有権者によって構成される検察審査会の議決によって強制起訴され、業務上過失致死傷罪に問われていた東京電力の旧経営陣3人に対する裁判の判決が東京地裁で下され、全員に無罪が言い渡されたと NHK が伝えています。 「津波が予見できたのに防波堤の設置を怠…

韓国で『アフリカ豚コレラ』が発生、韓国からの旅行客・輸入品に対する検疫体制を速やかに「中国からと同じ基準」にまで引き上げるべきだ

NHK によりますと、「感染した豚がほぼすべて死ぬ豚の病気である『アフリカ豚コレラ』が韓国で確認された」と韓国・農林畜産食品省が発表したとのことです。 日本国内で問題となっている『豚コレラ』を上回る感染力と致死性を持つ『アフリカ豚コレラ』が韓国…

福島第一原発の処理水の海洋放出で不安を煽っている側の毎日新聞、原田前環境相の発言を「能天気にも程がある」と批判する

原田義昭・前環境相が「福島第一原発の処理水を海洋放出するしかない」と発言したことに対し、毎日新聞(福島支局)が批判ツイートを投稿しています。 毎日新聞は「処理水の海洋放出をするな」という立場であるにも変わらず、「言うだけでは何もならない」な…

旭日旗騒動の発端は「サッカー韓国代表の主将を務めた選手(= キ・ソンヨン)による日本への差別行為に対する言い訳」

韓国が「旭日旗は日本がアジアを侵略した際の象徴」などと難癖を付けることに賛同し、歩調を合わせる識者やマスコミが日本には多く存在します。 しかし、騒動の発端は「韓国人サッカー選手の日本に対する差別行為」であり、それが韓国で政治問題に変化したこ…

千葉県の森田知事、台風15号の被害復旧を行う東電に「不眠不休で当たるよう強くお願いしたい」と時代遅れの要望を述べる

NHK によりますと、台風15号によって県内に大きな被害が発生している千葉県が災害対策会議を開いたとのことです。 会議後に森田知事が「東京電力には不眠不休で復旧作業をやってもらうよう強くお願いしたい」と記者団に語っていますが、これは作業効率を悪化…

「後期高齢者の窓口負担を1割増の2割に引き上げ」を提言した健保連はマシだが、現役世代と同じ「3割負担」を要求しないことは問題

NHK によりますと、高齢化による財政悪化で医療保険制度が崩れることを防ぐために健康保険組合連合会(= 健保連)が「後期高齢者の窓口負担は2割」とするよう提言したとのことです。 これが実現すれば、ある程度は医療保険制度の崩壊を食い止めることができ…

台風15号の影響により『山倉ダム(千葉県市原市)』の水上メガソーラーで火災発生、「建築基準法の適用外」との “恩恵” は見直すべき

首都圏に大きな影響をもたらした台風15号ですが、千葉県ではダムの水面を利用した水上メガソーラーで火災が発生したと NHK が伝えています。 自然災害によって太陽光発電パネルが「二次災害」を引き起こすケースが相次いでいるのですから、制度設計そのもの…

『5000万円のスラップ訴訟』を起こした朝日新聞、社説で「スラップ訴訟を考慮する宮古島市の姿勢は許されない」と批判

朝日新聞が9月7日付の社説で「虚偽の事実を繰り返し主張して名誉を傷つけたとの理由で損害賠償請求を進める宮古島市の姿勢」を批判しています。 批判の根拠は「スラップ訴訟だ」というものですが、朝日新聞に宮古島市の姿勢を批判する資格はありません。なぜ…

「反日を煽るな!差別や憎悪よりも友好を」と韓国に言えない集団が「嫌韓を煽るな!」と日本に要求し、反韓感情を増幅させる

毎日新聞によりますと、韓国との友好を呼びかける集会が東京と大阪で行われたとのことです。 しかし、これは逆効果にしかならないでしょう。なぜなら、日本にだけ「嫌韓を煽るな」と要求し、韓国に対して同じ要求をしていないからです。 「韓国によるルール…

岐阜や愛知などで続く豚コレラ問題、「罠の増加」と「ワクチン入り餌の散布」による感染防止を図る

NHK によりますと、岐阜県や愛知県で問題が続いているの『豚コレラ』に対し、農水省が感染拡大の原因になっているイノシシの駆除に本腰を入れる方針を固めたとのことです。 具体策は「捕獲用の罠の設置条件緩和」と「ワクチン入りの餌を新たに散布」の2点と…

「テレビで乱暴な韓国になら何を言っても良いんだ」を実践している青木理氏が嫌韓を広げているという現実

ジャーナリストとして活動し、テレビにも出演する青木理氏が「日本ではメディアが嫌韓感情を煽っている」と TBS 系列の『サンデーモーニング』で指摘したと報じられています。 この発言はピントがズレていると言わざるを得ないでしょう。韓国に対する批判は…

南海の特急ラピートよりも大きい亀裂が発見・報告された事例が重大インシデントに認定されなかったことは問題なのでは?

大阪・難波と関西空港を結ぶ南海電鉄の特急ラピートの台車に亀裂が見つかる事件がありました。亀裂が生じた状態で列車の運行が続いていたことは要改善点です。 ただ、「南海で見つかった亀裂」よりも「大阪メトロ・御堂筋線で見つかった亀裂」の方が大きく、…

記録的な大雨による浸水被害は発生した佐賀県で工場から大量の油も流出する事故が発生、災害対策の見直しも必要となる

佐賀県を中心に記録的な大雨による浸水被害が発生していますが、鉄工所から大量の油が流出する事故も起きたことで消費者庁が流出対策を業界団体に通知したと NHK が報じています。 浸水被害の復旧だけでも大変ですし、油の回収作業を放置することは環境に悪…

日本が追加輸入を表明した米国産トウモロコシ、「食用」と誤認した人々が “的外れな政権批判” を繰り広げる事態となる

フランスで行われている G7 を機に行われた日米首脳会談で「日本が(中国が輸入しない)アメリカ産トウモロコシを追加で輸入する」と発表されたと NHK が報じています。 購入するのは『デントコーン』と呼ばれる「飼料用トウモロコシ」なのですが、『スイー…

ソウルでの日本人女性に対する差別発言および暴行事件、容疑者の韓国人が「殴ってないから暴行ではない。捏造だ」と開き直る

韓国・ソウルで日本人女性が韓国人の男から差別発言を浴びせられた上、暴行を受けるという事件が発生しました。 ただ、容疑者の男は警察に出頭する前に韓国のテレビ局の取材に対して「暴行はしていない」と否定し、「自分は日本人女性側から嘲笑された被害者…

「知的障害者の監督義務がある保護者は賠償責任が免除される」との判決が大分地裁で出たことにより、分断は進行するだろう

共同通信によりますと、知的障害者から突き飛ばされたことが原因で死亡した男性の遺族が知的障害者の両親を相手取った損害賠償訴訟が大分地裁で棄却されたとのことです。 この判決で健常者と障害者の分断は進行することになるでしょう。なぜなら、知的障害者…

NHK、政府答弁の「受信料の支払い義務とスクランブル化に否定的」を大きく取り上げるも「ネット受信料」が質問されていた事実は伏せる

NHK が15日に「NHKと受信契約結んだ人は受信料支払う義務がある」との答弁書が閣議決定されたニュースを報じていましたが、質問主意書と答弁書が衆議院の公式ウェブサイトで公開されました。 現行法を解釈した答弁となっており、『NHK から国民を守る党(= …

『拝謁記』で「昭和天皇が旧軍閥は否定も再軍備の必要性に言及していた」と NHK が報じる

NHK によりますと、昭和天皇が再軍備や憲法改正の必要性について言及していた様子が宮内庁の初代長官を務めた田島道治氏の『拝謁記』より明らかになったとのことです。 重要なのは「昭和天皇の考え方が “リアリズム” に基づくもの」でしょう。平和を実現する…

札幌市の住宅街に出没したクマを射殺したことに対し、首都圏や関西など “安全で無関係な地域” から動物愛護を要求するクレームが出る

札幌市の住宅街に出没を繰り返していたヒグマがハンターによって射殺されました。この対応に対し、「駆除ではない対処策を採らなかったのか」とのクレームが道外から市に寄せられたと北海道新聞が報じています。 無知によるクレームは仕方のないものですが、…

『表現の不自由展』で大炎上した『あいちトリエンナーレ』、トップが「自分は悪くない」と責任転嫁に走り醜態をさらす

「昭和天皇の写真を持たす映像」や「慰安婦像」を『表現の不自由展』で展示したことで炎上が起きた『あいちトリエンナーレ』の運営トップが責任転嫁に走っています。 批判が寄せられた当初は「憲法21条がある」と述べ、展示の正当性を主張していました。しか…

あいちトリエンナーレ問題・その4: 愛知県の大村知事は「表現の自由を守る側」ではなく、「表現の自由を制限した側」

『あいちトリエンナーレ』で開催されていた『表現の不自由展』では複数の問題が絡み、炎上が起きています。 時間の経過とともに関心が薄れつつありますが、「表現の自由」を侵害した側の大村知事が被害者アピールをしている問題にも触れておく必要があります…

NHK ですら『処理水』を頑なに『汚染水』と表現し続ける時点で「風評」は発生するし、「事実を報じて風評被害をなくす」という “本来の役目” を忘れている

NHK が「汚染水の貯水タンクが3年後に満杯になる見通し」と報じています。 地元からは風評被害を懸念する声が出ていますが、NHK などのマスコミが先頭に立って『汚染水』という表現を使い、風評を引き起こしているのです。 「『処理水』という正確な表現を使…

あいちトリエンナーレ問題・その3: 「『2億円の制作予算』で『ヘイト作品』の発注をかけた疑い」に対する主催者からの説明がない

愛知県が主催する『あいちトリエンナーレ』で行われた『表現の不自由展』に関する問題が依然として尾を引いています。 世間ではあまり取り上げられていませんが、現場監督である津田大介氏が北海道新聞からのインタビューに語った「美術政策予算2億円」は問…

NHKから国民を守る党・立花党首、放送法の “泣き所” を突く形で「受信契約は結ぶが受信料の支払いには応じない」と NHK を煽る

日経新聞によりますと、NHK から国民を守る党の立花党首が「受信料は払わない」との考えを記者会見で明らかにしたとのことです。 「受信契約の締結」は放送法で明記されていますが、「受信料の支払い」は「受信契約の履行」が根拠です。そのため、「法律で定…

北朝鮮情勢の現状を無視する核兵器禁止条約推進派が「課題は山積み」と嘆く

NHK によりますと、ボリビアが核兵器禁止条約の25ヶ国目の批准国になったとのことです。ただ、条約の発効には「50ヶ国の批准」が必要です。 核保有国から見向きもされていない上、北朝鮮は国連安保理による経済制裁を受ける状況下でも核保有に向けて突き進ん…

あいちトリエンナーレ問題・その2: なぜ主催者の大村知事や津田大介氏は「『昭和天皇の写真を焼く映像作品』が “ヘイト作品” に該当する否かの見解」を示さないのか

愛知県が主催する『あいちトリエンナーレ』が複数の問題で炎上し、批判が寄せられる事態となっています。 トップの大村知事は「論点そらし」に走っているのですが、大村知事自身の見解を述べなければならない論点もあることが現状です。その1つが「『昭和天…

「警察発表を報じているだけ」との予防線がなければ実名報道に踏み切る度胸のないマスコミに「被害者の氏名」を告げる意味はない

京都アニメーションの建物が放火された件では “遺族の要請” で亡くなった被害者の実名公表を警察が見送ったことに対し、NHK などマスコミは「異例の対応」と反発批判しています。 これは身勝手な主張です。なぜなら、マスコミ自身の取材で得た被害者の氏名を…

あいちトリエンナーレ問題・その1: 公的機関に “特定の政治思想に偏った作品群のみ” を展示するイベントの開催を認めて良いのか

愛知県が主催する『あいちトリエンナーレ』が複数の問題が原因で炎上しています。そのため、論争が上手く噛み合っていないと言えるでしょう。 今回は「イベントのコンセプト」に焦点を当てた問題点を提起したいと思います。 その理由は「『表現の不自由展』…

私的空間なら「慰安婦像」や「昭和天皇の写真を焼く映像作品」の展示は許されるべきだが、それらを展示する『表現の不自由展』が公費運営されていることが問題

愛知県で行われている『あいちトリエンナーレ2019』の展示物の中に “日本ヘイト” の作品があったことが問題視され、炎上が起きる事態となっています。 「表現の自由による作品の展示」は認められるべきですが、該当のイベントに公金(= 税金)が投入される…