社会

無責任なマスコミと有識者、自らが騒ぎ立てた森友・加計学園の疑惑から逃げを打ち始める

毎日新聞の杉本修作記者が「疑惑を払拭できるのは安部首相だけ」と森友・加計学園の “疑惑” に対する主張を展開しています。 しかし、あまりに無責任なものと言えるでしょう。なぜなら、疑惑を騒ぎ立てた張本人がマスコミであり、有識者だからです。その責任…

厚労省が「難民受け入れ施設内での感染症発生」を想定した対策を検討し始めたことは評価されるべき

難民が保護された施設で感染症が発生するというケースがヨーロッパで発生しています。 これは国ごとに衛生管理が異なるため、知らずに感染症のキャリアになるケースがあるからです。NHK によりますと、朝鮮半島で有事が起きた際に発生した難民による感染症の…

「相対的貧困を税金でなくせ」と主張する朝日新聞・原田朱美氏は自社内に存在する『相対的貧困』に取り組むべきだ

朝日新聞・原田朱美氏が「相対的貧困を税金でなくせ」との主張に賛同する記事を書いています。 原田氏が述べる “相対的貧困” の定義では「健康で文化的な最低限の生活」を送れないことはないでしょう。「平均所得の半分だから」という理由で税金からの補助を…

最初から犯罪目的で設置された民泊も存在するため、民泊推進派は被害に合わないための予防策を提示すべき

朝日新聞によりますと、盗撮目的で違法民泊を営業していた男が逮捕されたとのことです。 今回は盗撮が目的でしたが、窃盗や暴行を目的とした民泊が営業されていたとしても不思議ではありません。そうした問題が大きくなる前に推進派は利用者が被害に合わない…

「タクシーに一緒に乗車したことが合意の根拠」と主張する立憲民主党・初鹿明博議員をフェミニストは容認するのか

『週刊文春』の2017年11月9日号に強制わいせつ疑惑を報じられた立憲民主党の初鹿明博議員が文春の取材に対し、「タクシーに一緒に乗車したから、合意があった」と主張していると産経新聞が報じています。 さすがに、この主張は無理があると言えるでしょう。…

世界経済フォーラムの『ジェンダーギャップ指数(男女格差報告)』の算出方法には問題がある

『世界経済フォーラム』が発表している『ジェンダーギャップ指数(男女格差報告)』というランキングが存在します。 このランキングを根拠に日本批判を展開するメディアや団体が存在しますが、ランキングの算出方法を把握しておく必要があるでしょう。なぜな…

中国共産党から記者会見への出席拒否を受ける欧米のリベラルメディアと出席が認められる日本の左派メディア

中国共産党中央委員会第1回総会(1中総会)が行われ、新しい指導部による記者会見が開かれたのですが、「一部の西側メディアが出席を拒否された」と報じられています。 『報道の自由』を主張するのであれば、中国共産党の姿勢を批判することが義務と言えるで…

モリ・カケで “倒閣ゲーム” を仕掛けて大失敗したマスコミこそ、猛省し、民意を直視しなければならない

総選挙は与党(自民党と公明党)が議席の3分の2超を確保し、勝利で終えました。 しかし、現実を受け入れられない朝日新聞は10月23日の社説で “負け惜しみ” を述べています。肩入れしていた立憲民主党を持ち上げ、選挙結果を直視できない時点で報道機関として…

“マズい給食騒動” で業者が手を引いたことで、神奈川県大磯町は「安物買いの銭失い」の状況へ

安易なコストカットが完全に裏目に出たケースと言えるでしょう。 「マズい給食」で騒動が起きた神奈川県大磯町で、デリバリー方式で給食を提供していた業者が手を引いたことで『自校式』が検討されていると読売新聞が報じているからです。

女性記者が過労死していたことが明るみに出た NHK の “働き方改革” は「記者の給与を半額にして、人員を倍増すること」だ

4年前に死亡した NHK の女性記者がその翌年に過労死と認定されていたことがニュースになっています。 事の発生から時間が経過しており、このタイミングで取り上げられることは少し奇妙と言えるでしょう。ただ、NHK は「働き方改革に不断の取り組みを行う」と…

安全性を満たしていれば、品質データを改ざんしても良いということにはならない

検査データの改ざんが問題となっている神戸製鋼ですが、「安全性に問題がある」という内容の報道は起きていません。 ただ擁護することはできないでしょう。なぜなら、『約束した品質の製品』を顧客に無断で『品質水準を満たしていない製品』を納入していたか…

ベーシックインカム(BI)は「既存の社会保障制度を置き換える制度」である

衆議院選挙の公約としてベーシックインカム(Basic Income, BI)の導入を主張する政党が現れています。 内容としては「既存の社会保障制度を置き換える(=ご破算にする)」というものですが、誤解を招きやすいテーマと言えるでしょう。どういった制度であり…

左翼集団の演説妨害という違法行為を擁護する朝日新聞や時事通信のようなマスコミこそ、民主主義の敵である

衆院選が開始される直前となり、各党のトップが演説を行うケースが増える中、自民党・安倍総裁の演説日程は原則非公表となっています。 これは都議選の際、秋葉原で行った安倍首相の演説を左翼集団が妨害し、それをマスコミが称賛・擁護したことが発端です。…

日本相撲協会は「満身創痍の力士では土俵上は充実しない」ことを認め、大相撲改革に取り組むべきだ

平成29年(2017年)9月場所は3横綱2大関が怪我で休場するという異例の事態となりました。 日本相撲協会は「土俵上の充実」を目標に掲げていますが、満身創痍の力士が充実した内容の相撲をとることは不可能です。この点を認識し、大相撲改革を行う必要がある…

EU の輸入規制が緩和、福島県産の農産物などに対する検査証明書の添付が不要に

福島県など東北地方産の農産物に対する輸入規制が解除されることが確定的になったと読売新聞が報じています。 これは2017年7月に EU との EPA (経済連携協定)が締結された際に安倍首相がユンケル委員長から「禁輸措置を緩和する」との合意を引き出していた…

朝鮮半島有事で武装難民が発生することは想定されることであり、マスコミを含めた有識者は対策を示すべき

麻生副総理が講演で、「朝鮮半島からの難民の中に『武装難民』が紛れ込んでいた場合、対応をどうするのか」と言及したと朝日新聞が伝えています。 これは現実に起きる可能性のあることであり、具体的な対応プロセスを確立させておく必要があります。発言の一…

「ネットの炎上は全体の 3% だから、気にすることはない」という主張に潜む危険な落とし穴

NHK がネット上で批判的な意見が殺到する「炎上」について、そういう書き込みをするひとは全体の 3% であることが文化庁の調査で判明したと報じています。 「全体が批判しているのではなく、鵜呑みにしないことが大切」と NHK は結論付けていますが、これは…

専門家の「原発事故による影響はない」との結論を掲載した毎日新聞は社説で自らの立場を示すべき

坂村健氏が毎日新聞の連載記事で「福島第1原発事故による胎児への影響はない」と科学的根拠を基に主張しています。 反原発派の一角である毎日新聞に掲載されたことは画期的なことと言えるでしょう。ただ、坂村氏の意見のみを掲載しただけでは不十分であるこ…

菅野完のツイッターアカウントが凍結された理由は「直接的で強烈な身体的脅迫」を何度もツイートしていたから

左派界隈が持ち上げている菅野完氏のツイッターアカウントが凍結されたとバズフィードなどが伝えています。 陰謀論まで流れていますが、これは単にツイッターの利用規約に反する投稿を菅野氏が何度も行っていたことが原因と考えられます。原因と見られる問題…

水原希子が批判される理由は「私は日本人じゃない」と人種差別にすり替えようとしたから

女優の水原希子が出演するサントリー・プレミアムモルツの CM に「日本人を使え」との抗議が寄せられているとツイートが寄せられていると朝日新聞系列のハフィントンポストが報じています。 批判を「人種差別だ」とハフィントンポストなど左派は非難していま…

米山新潟県知事から排外主義的差別発言を受けた石平氏は「大阪市ヘイトスピーチ審査会」に救済を求めてはどうか

米山隆一・新潟県知事が排外主義的ツイートを行っています。明らかな差別発言であり、差別に反対するマスコミは責任を追求することでしょう。 もし、米山新潟県知事の発言を問題視しないのであれば、反差別に取り組んでいるのではなく、“左翼の利権” を守り…

「日本人の母親が連れ去った子供はアメリカ人の父親には渡さない」と富山家裁が決定を出す

アメリカで離婚後、日本人の母親が子供を日本に連れ去っていた件でアメリカ人の父親から「子供の引き渡し」を求めて争っていた審判で富山家裁は「子供の引き渡しを認めない」との判決を下したと NHK が伝えています。 この判決は良いものとは言えないでしょ…

メディアの記者団、自民・竹下総務会長の「どこが不適切なのか」の問いに答えられず技量不足をさらけ出す

自民党・竹下総務会長が「島根に(北朝鮮の弾道ミサイルが)落ちても何の意味もない」と発言したことを撤回する気はないとの考えを示したと朝日新聞が報じています。 この記事で見るべきは、竹下総務会長から「どこが不適切ですか、指摘して下さい」と記者団…

朝鮮総連広島県本部前で座り込みすらできない被爆者団体らの “抗議” など自己満足以外の何物でもない

北朝鮮が核実験を行ったことに対し、被爆者団体などが広島市の平和公園で抗議の座り込みを行ったと朝日新聞が報じています。 これは単なる自己満足に過ぎないと言えるでしょう。なぜなら、核実験を行った北朝鮮にとっては何の圧力にもなっていないからです。

武井咲の結婚・妊娠報道でスポンサー企業から違約金が求められるケースは稀だと考えられる

女優やモデルとして活躍する武井咲さんが結婚・妊娠を公表したところ、一部マスコミから「CM の違約金が多額なる」との定番の “煽り報道” が出ています。 もちろん、一部の企業からは損害賠償が請求されることが予想されるため、“違約金” と同様の支払いをす…

医療保険無加入の外国人が救われた話は美談ではなく、日本の医療制度へのタダ乗りである

タイ人のワンウィサ・ジャイジュンさんが旅行保険に加入しない状態で来日中に倒れ、日本で手術・治療を受けて回復したことを朝日新聞が伝えています。 “美談” として伝えられていますが、「美談に要した費用」という観点が完全に抜け落ちていることが問題で…

多くのデマを流してきた朝日新聞、社説で「偏見と善意の落とし穴」と上から目線で顰蹙を買う

朝日新聞が9月1日付の社説で「震災とデマ」というタイトルで偏見と善意が落とし穴になっていると主張しています。 この社説で特筆すべき点は朝日新聞が震災時に流したデマのことに一切ふれず、ネット上のデマのみを批判していることです。また、「在日はデマ…

子育て中のママ、自らの生活水準維持のため『独身税』の創設を要求

石川県かほく市の「かほく市ママ課」に所属する子育て中の女性が財務省主計官との意見交換会で『独身税』の創設を求めたと北國新聞が伝えています。 既婚者が優遇されている現状を無視し、『独身税』の創設を求めることは身勝手な振る舞いです。創設を求める…

シー・シェパードが南極海での2017年の妨害行為断念を発表も、マスコミは「テロ等準備罪の設立」を断念理由から外して報じる

反捕鯨団体『シー・シェパード』が「南極海で日本が行っている調査捕鯨への妨害行為を2017年は断念する」と発表したことを BBC が伝えています。 恨み節が混じった声明文ですが、このニュースを伝えるマスコミが「テロ等準備罪の施行」に言及していることに…

Jアラートの受け手である市民が困惑するのはマスコミが説明する報道を怠っているからだ

8月29日の早朝に北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、北海道の上空を通過した後、太平洋上にミサイルが落下するという事態が発生しました。この際、Jアラートがなったのですが、受け手が困惑していると朝日新聞が伝えています。 しかし、この主張は明らかな責任…