社会

NGT48、「暴行事件への関与が疑われるメンバーへの処分」ではなく「現チーム制の解体」で問題解決を印象づけようとする

日刊スポーツによりますと、山口真帆さんに対する暴行事件の余波が続く NGT48 が「現チーム制を撤廃する」と発表したとのことです。 これにより、問題は解決されたと世間に印象づけたいのだと考えられます。しかし、この対応は無意味と言えるでしょう。なぜ…

法に違反する「演説妨害」を取り締まらない当局に「選挙ヘイトの取り締まり通知」を出す警察庁の姿勢は論外

共同通信によりますと、参院法務委員会で「選挙運動に名を借りたヘイトスピーチは刑事事件として取り上げるよう通知した」と警察庁が明かしたとのことです。 『演説の妨害』という法で明記されたケースですら、満足に取り締まれないのです。今回の警察庁から…

地下鉄車両に落書きした外国人が有罪なら、「損害賠償の全額支払い」か「落書きの図柄をタトゥーで入れる」のどちらかを選択させるべき

NHK によりますと、東京メトロの車両にスプレーで落書きをした器物損壊容疑でオーストラリア人が警視庁に逮捕されたとのことです。 容疑は「2018年2月のもの」ですが、2019年4月にスプレーなどを荷物として持ち込もうとした成田空港で逮捕されたとのことです…

『伊丹空港の存続』を訴える周辺の10市協が「軍用機のダイバート(= 緊急着陸)は遺憾」と関係各所に抗議文を提出する

神戸新聞によりますと、アメリカ軍の輸送機オスプレイが伊丹空港に緊急着陸した件を受け、空港周辺の市で作る『大阪国際空港周辺都市対策協議会(= 10市協)』が防衛省や空港運営会社に抗議文を提出したとのことです。 「緊急着陸の要請を断るべき」と言っ…

「コンプライアンスや品質保証の違反はあったけど、処分なしで活動を続けます」と第三者委員会が宣言した NGT48 の仕事が白紙になるのは当然

山口真帆さんに対する暴行事件の余波で所属先のグループ『NGT48』の仕事スケジュールが4月から白紙状態になっているとスポニチが報じています。 これは「第三者委員会が発表した調査報告書の内容と対応策が “世間一般での要求水準” に全く達していなかったこ…

「12歳の長女への性的暴行容疑で無罪」との判決に対し、一部の左派界隈から『判決理由』を無視した批判が起きる

『人権』に重きを置くことが左派の特徴の1つですが、それを無視して “魔女狩り” を要求する言論を行っている人々もいます。 静岡地裁で「12歳だった長女への性的暴行容疑」を問われた裁判への判決が下されたのですが、「犯罪行為を裏付ける的確な証拠がない…

日本国内の二酸化炭素濃度が過去最高を記録、「原発停止+太陽光発電増加」で火力発電の比率が増えれば当然の結果である

NHK によりますと、気象庁が行っている二酸化炭素濃度の観測値が過去最高を記録したとのことです。 原因は「原発停止」と「太陽光発電の増加」により、火力発電からの二酸化炭素排出量が増えたからです。データでも示されているため、温暖化を懸念するなら原…

妻殺害容疑で実刑判決を受けた講談社の韓国人編集次長、東京地裁が保釈を決定するも東京高裁が保釈を取り消す

「妻を殺害したとして殺人罪に問われ、2019年3月6日に東京地裁で「懲役11年」の実刑判決を受けて控訴中のパク・チョンヒョン(朴鐘顕)被告の保釈請求が東京地裁で認められるも東京高裁で取り消された」と読売新聞が伝えています。 保釈が認められるケースは…

沖縄の在日米軍基地内でカセットボンベが爆発、重大なテロ事件の予兆との認識を持った徹底的な捜査が必要

沖縄北谷町にある在日米軍・キャンプ瑞慶覧内に設置されている日本の沖縄防衛局の入口付近でカセットボンベが爆発する事件が発生したと NHK が伝えています。 外部からの侵入痕があることから、事故ではないと言えるでしょう。事件であることは明らかであり…

NGT の第三者委員会が「山口真帆さんへの暴行事件に対する調査報告」を発表するも、運営側の主張を代弁する内容で批判が起きる

NGT48 に所属する山口真帆さんが巻き込まれた暴行事件に対する調査報告書がグループを運営する AKS の第三者委員会から発表されました。 「メンバーは事件に関係していない」、「ファンとの繋がりがあったメンバーはいたが、運営の問題だから不問とする」と…

売春斡旋疑惑が持たれている BAGBANG (ビッグバン)の V.I. に対し、ムン大統領が「徹底捜査」を指示。#MeToo 界隈は「K-pop 批判」をできるのか?

時事通信によりますと、売春斡旋疑惑で警察に出頭した BIGBANG の V.I. ことイ・スンヒョン氏の嫌疑に対し、ムン・ジェイン大統領が「徹底捜査」を指示したとのことです。 #MeToo 運動に携わる人々が「批判の声をあげなければならない事案」が発生したのです…

フリーランスの記者を会見から排除する『官邸記者クラブ』が「特定記者の排除や質問制限をするな」と首相官邸に要求する欺瞞

共同通信によりますと、東京新聞・望月記者が菅官房長官の記者会見を “パフォーマンスの場” として私物化していた件で官邸側から「注文」を受けたことに対し、新聞労連などが抗議活動を行ったとのことです。 「記者の質問を制限するな」と主張していますが、…

不適格と見なされた候補者が小選挙区で落選するのは必然、日本で女性議員が増えないのは「有権者に支持される女性候補が不在」だから

世界各国で女性議員の割合が増える中、日本では女性議員の割合が伸びず、女性の政治参加が進まない実態が浮き彫りになっていると NHK が報じています。 この主張は「ナンセンス」と言わざるを得ないでしょう。国ごとに選挙制度が異なるため、誤差が出るのは…

不正統計問題を抱える厚労省、この時期に『認知症患者による注文をまちがえる料理店』を開催して絶望的なセンスを示す

認知症の高齢者たちが働く『注文をまちがえる料理店』が厚生労働省にオープンしたと NHK が報じています。 認知症への理解を深めるためのキャンペーンとのことですが、時期と目的・主張が適切とは言えないでしょう。不正統計問題を抱える厚労省で頼んだもの…

ハフポの「東京新聞・望月記者を助けるために中2女子が1人で署名活動に立ち上がる」との記事に “二番煎じ疑惑” が浮上

「菅官房長官の記者会見での質疑を問題視されている東京新聞・望月記者を助けたいとの思いで、中2女子がたった1人で署名活動に取り組んだ」との記事がハフィントンポスト・関根和弘氏の署名で掲載されています。 ただ、記事の内容に疑義が生じているのです…

ベトナム人がカルガモを無断捕獲して書類送検、「『共存』を理由にした外国人労働者への一方的な配慮」は日韓関係のように関係悪化の原因となる

ベトナム人の技能実習生が無断でカルガモを捕獲したことによる鳥獣保護法違反の容疑で書類送検されたと NHK が報じています。 文化や価値観に違いによるトラブルは外国人が当事者となるケースが多いことでしょう。野党は『共存』を掲げて日本人に配慮を要求…

「倒壊防止機能の電源オフ」が原因との見立てが出た淡路島の風車倒壊事故、『全電源喪失による再発』を防ぐ対策は不可避だ

2018年8月に近畿・四国地方を縦断して大きな被害をもたらした台風20号の影響で、兵庫県・淡路島の発電用風車が倒壊するという事故がありました。 NHK によりますと、倒壊の原因は「倒壊防止機能の電源が切られていたことが要因」とのことです。電源が切られ…

「ツイートは個人の見解」と『会社の代表』を名乗ることから逃げる新聞記者が『国民の代表』を名乗ることは支持する朝日新聞

朝日新聞が2月22日付の社説で菅官房長官の記者会見を “自身の主張をアピールする場” として悪目立ちしている東京新聞の望月記者を擁護しています。 「記者は国民の代表」と主張していますが、法的根拠は存在しません。また、記者自身は「所属する会社の代表…

「ニュースの序列決定権」という既得権益を手放したくない新聞社がネットの “アルゴリズム” を露骨に敵視する

日経新聞が「アルゴリズムがデモなどの社会の騒動を増幅している」と報じています。 ただ、この記事は “僻み” に過ぎないでしょう。なぜなら、新聞社は “自社のアルゴリズム” に従ってニュースの取捨選択をしてきたからです。ネット上のニュース配信を牛耳れ…

『天皇陛下の謝罪』を要求する韓国国会議長に対し、親韓・リベラル派は「慰安婦合意を守れ、レイシスト」と批判しなければならない

天皇陛下の謝罪を要求した韓国のムン・ヒサン国会議長が日本側から発言の謝罪・撤回を要求されたことに対し、「盗人猛々しい」などと逆ギレしていると NHK が報じています。 「ムン・ヒサン国会議長の発言に反応すべきでない」との声も出ていますが、それは…

意図的な不適切行為を撮影・公開すれば、損害賠償を請求されるのは当然のこと。許せば正直者がバカを見る結果となる

大手回転寿司チェーンの『くら寿司』で不適切行為を取る従業員の様子が撮影・公開された件に対し、会社側がプレスリリース(PDF)で法的措置の準備に入ったと発表いたしました。 一部から「バイトの従業員に賠償請求すべきではない」との擁護の声が出ていま…

『ヒット&アウェイ式の強盗団』や『不法残留者』の温床となっている「韓国人に対する短期滞在時のビザ免除」は見直すべき

訪日観光客数が増加していることが良いニュースとして報じられていますが、オーバー・ツーリズムなどの弊害が生じていることは認識する必要があるのでしょう。 要するに、受け入れ可能な観光客数を上回ったことによる問題が発生しているのです。そのため、“…

官邸から「事実を踏まえた質問」の要請を受けた新聞労連が反論するも、屁理屈まみれの上に文章力のなさを示す結果となる

東京新聞の望月記者が菅官房長官による記者会見の場で事実誤認の質問を繰り返したことに対し、記者クラブに対する要請文が出される事態を招きました。 これに対し、新聞労連が抗議声明を発表したのですが、内容が屁理屈に過ぎません。また、文章を書く “プロ”…

常岡浩介氏のイエメン取材が旅行返納命令という形で阻害されたことを “フリーライダー” 気質の抜けないフリー界隈が批判する

日経新聞によりますと、イエメンを取材するために出国目前だった常岡浩介氏が外務省から旅券返納命令を受けたことで出国ができなくなったとのことです。 フリージャーナリストらは政府の対応を批判し、一部のメディアは「議論を呼びそうだ」と書いていますが…

朝日新聞、「与党は厚労省の統計不正問題が発覚した時の政策統括官を “人身御供” せよ」と社説で主張する

朝日新聞が2月5日付の社説で「厚労省の統計調査不正の解明に向けた政権与党の本気度が疑われる」と主張しています。 その根拠が「問題が発覚した時点での政策統括官の参考人招致を拒否した」というものですが、これは問題解決をする気がないと主張しているこ…

『ファミマこども食堂』に対し、藤田孝典氏が「企業の宣伝・ CSR に堕ちた」と “貧困ビジネス” の利権を代弁する主張を展開

コンビニ大手のファミリーマートが『子ども食堂』を全国に展開すると発表したことを日経新聞が伝えています。 利用者である子供や親からすれば、選択肢が増えることは大歓迎でしょう。それだけ「救済の手が差し伸べられる可能性が高くなるから」です。 ただ…

“モンスター市民” への対応の矢面に立たされる公務員を適切に守る仕組みが機能しなければ、野田市小4女児死亡事件は繰り返されるだろう

千葉県野田市で小4の女児が死亡した事件で、教育委員会が父親からの要求に屈する形で女児が「父からいじめを受けている」と書かれたアンケートを渡していた問題で謝罪をしたと NHK が報じています。 「アンケートを渡したこと」は失態ですが、現場での運用…

原発事故の賠償金詐欺容疑で会社役員らが逮捕、氷山の一角である可能性が高く厳しい処罰を科すべきだろう

NHK によりますと、韓国籍の会社役員らが原発事故の賠償金を騙し取った詐欺の容疑で逮捕されたとのことです。 東京電力を欺くことができれば、多額の賠償金を得られるのですから同様の手口を使った輩は他にもいることでしょう。「東電から賠償金名目で金を引…

「大坂なおみ選手が『テニス選手としてアメリカ国籍を選択すること』は不可能」という事実を無視した二重国籍容認論は筋悪

大坂なおみ選手が全米オープンに続いて全豪オープンも制し、グランドスラム2連勝を達成しました。 新女王として “自らの時代” を作る可能性が極めて高い選手になったと言えるでしょう。ただ、複数国にルーツを持つ背景を持った選手であるため、大坂選手を引…

朝日新聞、社説で「(国際規定を平気で破った)韓国側の訴えにも配慮する方策を考えるべき」と述べてレーダー照射問題で韓国の肩を持つ

朝日新聞が1月25日付の社説で韓国海軍による火器管制レーダーの照射問題に対し、「韓国側の訴えにも配慮する方策を考えるべき」と主張しています。 この主張は「無責任であり、論外である」と言わざるを得ないでしょう。なぜなら、偶発的な事故や誤解を生ま…