社会

質問主意書と答弁書の内容を無視して「反社会的勢力の定義はない」を騒ぐメディアや識者は “害悪な存在”

反社会的勢力の定義を質問主意書で問われた政府が「あらかじめ限定的、かつ、統一的に定義することは困難」との答弁を決定したことに対し、朝日新聞などのマスコミが「反社会的勢力の定義はない」との切り取り報道を行っています。 質問主意書の内容を確認し…

『あいちトリエンナーレ』が炎上する要因となった作品群が『ひろしまトリエンナーレ』にも展示されていたことが問題視され始める

広島県尾道市で開催中の展示会で『あいちトリエンナーレ』が “炎上” する原因の1つになった作品などが展示されていることに批判と展示中止を求める声が出ていると NHK が報じています。 税金で運用されている行政が『ヘイトスピーチに該当する作品』の後援す…

テレビ朝日はデマ発言をしたにも関わらず自らの言葉で謝罪できない番組司会者・田原総一朗氏に引導を渡すべきだ

朝日新聞によりますと、11月30日未明にテレビ朝日系列で放送された『朝まで生テレビ!』で司会の田原総一朗氏が事実と異なる発言を行い、番組が謝罪したとのことです。 この件で問題視すべきは「事実と異なる発言をした田原氏自身が何の謝罪もしていないこと…

外国による内政干渉を防ぐための仕組み作りに着手したオーストラリアを日本を見習うべきでは?

中国のスパイ集団による活動疑惑が報じられたオーストラリアで外国からの内政干渉を防ぐための体制を立ち上げることが発表されたと NHK が報じています。 日本も同様の体制は構築されているべきでしょう。日本では外国の利益を代弁する政治活動は野放し状態…

首里城の火災から1ヶ月、「出火原因の特定」も「防火体制の見直し」も不十分な現状で再建に向けて奔走する沖縄県の姿勢はいかがなものか

10月31日に火災で焼失した沖縄県那覇市にある首里城の再建に向けた具体的な動きが始まっていると NHK が伝えています。 国が復元に関わった有識者会議を立ち上げるのはまだ理解できますが、管理責任者である沖縄県が「出火原因の特定」や「防火体制の見直し…

“強制送還命令の取り消し訴訟で敗訴したペルー人母子” が在留特別許可を求めた訴訟、大阪地裁が訴えを退ける

NHK によりますと、日本に不法在留していたペルー人の両親から生まれた姉弟と母親が在留特別許可を求めていた裁判で大阪地裁が原告の訴えを退けたとのことです。 この訴訟で特筆すべきは「過去に強制送還命令の取り消し訴訟で敗訴している」ということです。…

日本に「難民を受け入れよ」と要求するローマ教皇はお膝下のバチカン市国で “難民受け入れの成功例” を実証すべき

来日中のローマ教皇・フランシスコが都内で開かれたイベントで日本に対して「もっと難民を受け入れるべき」と呼びかけたとテレビ朝日が報じています。 日本国内の治安に何の責任を持たない宗教家の意見に配慮する必要はありません。「難民を積極的に受け入れ…

関電に金品を渡していた高浜町の元助役が福井県にも同様の行為をしていたことが発覚、マスコミは同和問題の闇にメスを入れるべき

福井県高浜町の森山栄治・元助役が福井県の職員にも金品を手渡していたことが明らかになったと県の調査委員会が公表したことを NHK が報じています。 この元助役は関西電力の幹部に金品を渡していましたから、福井県の職員にも同じ行動をしていたとしても不…

事実や法的根拠の確認をした上で『桜を見る会』の説明をした安倍首相を批判する時事通信は「憶測で記事を書いている」と自供したに等しい

時事通信が『桜を見る会』に関する疑惑に対する説明を行った安倍首相に対し、「異例の対応」との論調で批判を行っています。 安倍首相が記者説明前に行った準備は「やって当たり前」です。疑惑を追求する野党やその動きに追従するマスコミにとっても「裏付け…

時事通信が「政府内に『女性宮家の容認案』が浮上」と報じるも、菅官房長官が翌日の会見で否定

時事通信が11月10日付で「『女性宮家』を容認する案が政府内にある」とスクープする形で報じましたが、菅官房長官が翌日の記者会見で否定する事態となっています。 皇族が減少することで「皇室行事」の対応が難しくなることは事実です。「安定した皇位継承」…

検察(=大阪地検)の凡ミスで警察(=大阪府警)が逃走者の捜索を強いられることは不憫でならない

大阪地検が車で護送中の男に逃走された事件で、警察が男の身柄を大阪市北区で確保した NHK が伝えています。 大阪地検では先月30日に収容予定だった女に逃亡されており、この2週間で2度目の失態となります。逃走犯の確保には「逃した検察」ではなく、「地元…

沖縄県の杜撰すぎる管理体制が首里城の焼失を招いた可能性が日ごとに増加中

琉球新報によりますと、首里城の火災現場で “30カ所以上の熔融痕が確認された延長コード” が見つかったとのことです。 問題の延長コードが首里城に取り付けられたのは「管理が沖縄県に映った今年2月以降」のことであり、沖縄県の杜撰な管理が首里城焼失を招…

「日墺国交樹立150年の記念事業が『反日芸術展』と化している」との指摘で現地大使館からの公認を取り消された出展者などが逆ギレ

NHK によりますと、日本とオーストリアの国交樹立150周年を記念する事業としてオーストリアの首都ウィーンで開かれていた芸術展の公認が在オーストリア日本大使館から取り消されたとのことです。 取り消しの理由は「両国の友好関係の促進に合致しないから」…

愛媛県が韓国との国際線を維持するために「職員の私費利用と各部局から報告」を求めていた事態が明らかになる

毎日新聞によりますと、愛媛県が『松山・ソウル便』の搭乗率を上げるために県職員に私費利用を促し、各部局には利用予定者数の報告を求めていたことが明らかになったとのことです。 業務上優位にある者が「私的財産の使い方」に介入しているのですから、強要…

ヘリウムの安定供給に不安を覚えた学会が懸念を示す緊急声明を発表する事態となる

NHK によりますと、工業製品の製造から研究開発までの様々な分野で利用されているヘリウムの供給量が減少していることに対し、関係する学会が「ヘリウムの安定供給を求める緊急声明」を発表して国に対応を求めているとのことです。 この問題は過去に発生する…

宮根誠司氏のような「競技の実況ができないアナウンサー」が中継を担当するから、“競技外の目立つ物” に救いを求めるのだろう

東京オリンピックのマラソンと競歩が札幌で開催されることになりましたが、首都圏のワイドショーが「札幌バッシング」を展開する状況となっています。 その代表例が『ミヤネ屋(日テレ系)』で MC を務める宮根誠司氏です。「実況アナ泣かせ」と札幌開催に不…

後に引けなくなった環境活動家グレタ・トゥンベリ、大西洋を温暖化ガスの排出なしに渡る方法を募集する

日経新聞によりますと、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリが「二酸化炭素を排出せずに大西洋を渡る方法」を探しているとのことです。 「温室効果ガスの排出するな」と声高に主張してしまったため、後に引けなくなってしまったからでしょう。ただ、…

首里城の火災: 出火原因と防火対策の確認が最優先だが、再建費用を地域振興予算から拠出できることは不幸中の幸いだろう

10月31日未明に発生した火災で主要な建物が焼失した首里城で、警察が現場検証を行う予定であることを NHK が報じています。 観光の目玉スポットが全焼したことは大きな痛手ですが、火災原因と特定と採られていた防火対策の確認は必要不可欠です。再建した首…

『あいちトリエンナーレ』のヘイト作品は擁護した大村知事、逆の政治的立場の民間団体へは法的措置を匂わせるダブルスタンダード

朝日新聞によりますと、愛知県の施設で民間団体が主催したイベントに対して愛知県の大村秀章知事が「展示内容はヘイトスピーチに該当する」と述べ、主催者に法的措置も検討する方針を明らかにしたとのことです。 この姿勢はダブルスタンダードと言わざるを得…

徳井義実氏の長年に渡る税務申告漏れが発覚、吉本興業のコンプライアンスがまたも問われる事態に

吉本興業に所属する徳井義実氏に税務申告漏れが発覚しました。当初は「税務署との認識の違いによる申告漏れ」との立場だったのですが、「各年の期日までに申告すらしていなかった」との事実が明らかになりました。 悪質度が極めて高いため、脱税容疑で逮捕さ…

道端アンジェリカ夫妻が恐喝容疑で逮捕・書類送検、『美人局疑惑』が現実味を帯びる

芸能人の道端アンジェリカ夫妻が恐喝容疑で夫が逮捕され、妻が書類送検をされたと NHK が報じています。 夫であるキム・ジョンヒ容疑者が逮捕された時点で「美人局疑惑」が出ていましたが、それが事実である可能性が極めて高くなったと言えるでしょう。なぜ…

「中東への自衛隊派遣」に反対する朝日新聞、イランによるホルムズ海峡での緊張を高める行動は無視する

朝日新聞が10月20日付の社説で安倍政権が中東海域での船舶の安全確保を目的に自衛隊の独自派遣を検討したことに反対を表明しています。 「アメリカとイランの仲介者としての立場を堅持せよ」との主張ですが、無理があると言えるでしょう。なぜなら、双方の主…

物議を醸した『あいちトリエンナーレ』の企画に携わった人物が “補助金を出す側の文化庁” の事業に関わっている方が問題では?

文化庁が「昭和天皇の写真をバーナーで燃やし、その灰を見つける映像作品」などが物議を醸した『あいちトリエンナーレ』への補助金交付を取りやめたことに対し、文化庁の事業に携わってきた専門家が委員のポストを辞任する事態が相次いでいると NHK が報じて…

二子玉川での多摩川氾濫による洪水被害、「現状で十分」との立場を採った地元住民と蓮舫議員が “呼び水” となる

読売新聞によりますと、台風19号の影響で12日夜に氾濫した多摩川の下流部にある世田谷区玉川では堤防が一部整備されていない区間があったとのことです。 堤防が作られることに懸念を表明した地元住民や「優先順位が違うのでは」と疑義を呈した蓮舫議員が “氾…

田中康夫・元知事が掲げた『脱ダム宣言』を採用した長野県、千曲川の氾濫による大被害を受ける

台風19号がもたらした大雨による影響で長野県を流れる千曲川が複数の箇所で氾濫し、流域の広い範囲で大きな被害が出ていると NHK が伝えています。 長野県にとって皮肉なのは田中康夫・元知事が掲げた『脱ダム宣言』を採用していたことでしょう。治水ダムが…

大川小の津波避難訴訟: 最高裁が “哀れな遺族” に配慮した「原告勝訴」の判決を確定させ、後出しによる言いがかりで教育現場環境を悪化させる

東日本大震災で児童や教員が津波に巻き込まれて亡くなった大川小学校(宮城県石巻市)の児童23名の遺族が起こしていた裁判で最高裁が原告勝訴の判決を下したと NHK が伝えています。 仙台高裁の判決が確定したため、原告側は大満足でしょう。しかし、後出し…

あいちトリエンナーレの『表現の不自由展』、「見学の不自由展」と揶揄されるレベルの検閲体制で再開に漕ぎ付ける

『昭和天皇の写真を燃やし、その灰を踏みつける映像作品』などが展示されていたことが抗議や批判の声が殺到し、中止となっていた『あいちトリエンナーレ』の『表現の不自由展』が再開されたと NHK が報じています。 ただ、 “閉じられた芸術展” という形で再…

北朝鮮の漁船が水産庁の取締船と衝突して沈没。日本の排他的経済水域での密漁が野放し状態では様々な問題が起き続けるだろう

NHK によりますと、日本の排他的経済水域(= EEZ)にある大和堆で水産庁の取締船と北朝鮮の漁船が衝突する事故が発生したとのことです。 日本海の大和堆(やまとたい)は好漁場であり、北朝鮮だけでなく韓国の漁船も違法操業に手を染めている海域です。海洋…

テレビ朝日、「北朝鮮がミサイルを発射した際にイージス艦が日本海に展開していないのはおかしい」と主張して墓穴を掘る

10月2日に北朝鮮が潜水艦発射型の弾道ミサイルを射ったことに対し、テレビ朝日が「ミサイル迎撃を行うイージス艦が日本海に配備されていなかったのは問題」と批判しています。 この主張は論外と言わざるを得ないでしょう。なぜなら、テレビ朝日は「イージス…

関電の金品授受問題:高浜町の元助役が “人権教育” の講師を務めていたことが判明し、察したメディアが距離を取り始める

関西電力の役員らが福井県高浜町の元助役から金品を受け取っていたことが発覚しました。ただ、TBS 系列の毎日放送が「元助役は関電幹部を対象にした人権教育の講師」と伝えたことで報道の量は急減することでしょう。 なぜなら、関西で企業を対象にした “人権…