読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日テレ世論調査で豊洲移転派が反対派を上回り、築地市場の継続は一層に困難に

築地市場の豊洲への移転を止め、夏の都議選で争点としている小池都知事ですが、逆風が強まっています。 「築地継続は豊洲移転よりコスト高」との都の試算が明らかになったと NHK が報じており、日本テレビが行った3月の世論調査でも「豊洲移転派が反対派を上…

「政治家の働きかけで国有地が不当に安い価格で森友学園に払い下げられた」と報じた朝日新聞は渡辺雅隆社長が責任を取って辞職すべき

朝日新聞がスクープとして報じた『森友学園』が「大阪府豊中市の国有地を不当に安い価格で購入した」というニュースですが、籠池理事長が証人喚問で答えた内容により、そもそもの根拠が崩れたと言えるでしょう。 なぜなら、スクープの源である “政治家の関与”…

「AV出演強要問題」って、契約締結時にタレント側の弁護士が内容を確認すれば解決する

一部のフェミニストが騒いでいる「AV出演強要問題」ですが、政府が緊急対策をまとめる方針を示したと NHK が報じています。 対策内容次第ですが、オリンピック前に騒いだ “アンチ・ポルノ界隈” の作戦勝ちと言えるでしょう。しかし、意味のある対策を講じな…

“ムラの習慣” が根強く残る地方ほど、地域創成など不可能であることを自覚すべき

東京一極化など都市部への人口集中を緩和する目的で「地域創成」の掛け声がかかり、地方へ人の流れを作り出そうとする動きがあります。 しかし、地元住民が持つ価値観がそれを阻害していることを自覚しなければなりません。沖縄・北大東村に派遣された常勤医…

「現在利用中であれば、老朽化・衛生面の課題は問題なし」と主張する東京都の小池知事

豊洲市場の移転問題について、現在利用されている築地市場が抱える問題を都議会の予算委員会で指摘された小池都知事は「豊洲市場は安全だが安心できない」と述べたと NHK が伝えています。 「安心できないこと」を理由に認めて良いのなら、データに基づく議…

京都・長岡京市、「市民相談」に苦情を寄せた人物の個人情報を漏洩させる

京都府長岡京市で、市民相談に苦情を寄せた人物の個人情報を漏洩させていたことが明らかになったと毎日新聞が報じています。 苦情を寄せられた側の人物から「市で把握している情報はないか」との問い合わせを受け、苦情を投稿した人物の個人情報を漏洩したこ…

大阪府議会案件である『森友学園』の問題を国会質疑で取り上げ続けた野党のマスコミの責任は重い

朝日新聞が2月9日付の記事で「大阪・豊中市の国有地が近隣の1割という価格で不当に安く売却された」と騒ぎ立てたことが発端となった『森友学園』の問題が大きく脱線しました。 野党やマスコミは “政権による介入疑惑” など憶測だけで批判し、証拠を全く提示…

遺族年金の受給資格に男女差を認める判決が確定することは男女平等に反するのでは?

地方公務員の遺族補償年金の受給に男女差が現状では存在するのですが、これを「法の下の平等に反する」と訴えた裁判で「憲法に反しない」とする判決が確定する見込みであると NHK が伝えています。 これは男女平等の価値観から反することと言えるでしょう。…

福島県は作成した道徳用教材を県内公立校ではなく、首都圏の公立校やマスコミに配布すべきだ

マスコミが “原発いじめ” と称する問題を受け、福島県が道徳用教材を県内の公立学校に配布したと NHK が報じています。 問題に取り組む福島県の姿勢には称賛に値するものですが、教材配布を行う対象には再考の余地があると言えるでしょう。なぜなら、“原発い…

科学的根拠を否定し、風評を理由に石原慎太郎氏を叩くマスコミの姿勢は問題だ

豊洲市場への移転を巡り、元東京都知事の石原慎太郎氏が記者会見を開いたとNHKなどメディアが報じています。 この記者会見で明らかとなったのはマスコミが “マスゴミ” と揶揄される理由でしょう。メディアが科学的根拠を否定し、風評を流す側に回ってしま…

豊洲市場への移転反対派、築地市場の土壌汚染問題で矛盾を露呈する

「豊洲の土壌に問題がある」と主張し、難癖を付けてきた移転反対派ですが、築地市場でも同様の土壌汚染疑惑が浮上したため窮地に立たされています。 老朽化の問題が顕著となっている築地市場に「土壌汚染のおそれがある」ことが土地履歴から明らかとなり、東…

「記者が自由に官庁の執務室に入れないのは問題だ」と主張するマスコミ

経産省が情報管理を強化する目的ですべての執務室の入口を電気キーで施錠したことに対し、NHKを始めとするメディアが「取材活動が制限されることになる」と文句を述べています。 重要な案件を扱う部署であるにもかかわらず、“記者” であることを強弁すれ…

「ナチスだ、ヒトラーだ」と騒ぐ人物・界隈に要注意 共産主義やキリスト教の方が危険度大

何かが起きるたびに「ナチスだ、ヒトラーだ」と騒ぎ立てる人物や界隈が存在します。このような動きには注意が必要と言えるでしょう。 なぜなら、ナチス・ドイツが殺害した人の数とは比べものにならないほど人を殺している勢力が存在しているからです。

まとめ:『森村学園』による大阪府豊中市の国有地取得問題

朝日新聞が大阪府豊中市の国有地が “安倍政権と近い距離にある” 学校法人『森村学園』が隣接地と比較して著しく安い値段で売却されたと騒いだ件ですが、裏付ける根拠がなく、批判の対象が二転三転しています。 野党や朝日新聞などメディアが主張している通り…

記者2000人超の朝日新聞が「調査報道」できない理由は単に能力がないからでは?

『ワセダクロニクル』で編集長を務める渡辺周氏が「記者2000人を超える朝日新聞が調査報道ができない理由」を語ったインタビュー記事が Yahoo に掲載されています。 「(調査報道の)能力はあるが、組織として注力していないことが問題だ」と主張しています…

朝日新聞の「森村学園が取得した国有地のゴミの撤去費用が高すぎる」との主張内容に含まれた問題点

朝日新聞が「安倍政権と近い距離にある学校法人が国有地を格安価格で払い下げられた」と騒いでいる問題ですが、不発に終わることになるでしょう。 「ゴミの撤去費用が高すぎる」との記事を書いていますが、これも決定打になる可能性は極めて低い状況です。反…

自称リベラルが求めるのは “意見に賛同する仲間” ではなく、“鉄砲玉” と “身代わり” だ

朝日新聞テヘラン支局長を務める神田大介氏が問題あるツイートを行ったことで炎上し、本人が当該ツイートを削除した上で釈明を行ったのですが、その行為を批判するリベラルが存在します。 ツイートした本人が「病気を揶揄する意図はなかった」と弁明している…

清水富美加さんの引退騒動で再び注目された所属事務所(レプロ)のぼったくり体質

女優の清水富美加さんが芸能界を引退すると発表したことがニュースになっています。 ただ、主張内容が所属事務所レプロと完全に食い違っており、法廷でのバトルが繰り広げられる可能性があります。“カルト宗教” の側面もある問題ですが、ここでは “労働契約”…

朝日新聞の「森友学園に破格の価格で国有地を売却」報道はファクトチェック不足だ

朝日新聞の吉村治彦記者と飯島健太記者が報じた「近隣の1割で国有地が学校法人に売却された」というニュースは売却額と内訳が公開されたことで “朝日新聞の誤報” であることが強まりました。 土地を購入した『森友学園』の瑕疵は一切存在しなかったのです。…

「権力の暴走を監視する」と叫ぶ “反権力界隈の暴走” を監視できないBPOに存在価値はない

「小保方晴子氏がBPOに申し立てていた人権侵害が認められた」とNHKが報じています。 小保方氏には「STAP細胞があることを証明する責務」があり、挙証責任を果たしていない小保方氏の研究成果に疑惑を目を向けることは当然です。しかし、その報道を人権…

国有地を格安で売却することが問題なら朝日新聞本社も同罪である

「安倍政権に近い私立の学校法人が国有地を格安で入手している」とでも批判したいのでしょうか。 近畿財務局が大阪府豊中市にある国有地を学校法人『森友学園』に売却したと朝日新聞が報じています。ただ、売却に至った経緯を確認すると、朝日新聞の主張は単…

「沖縄の民意」の中に “地元・辺野古の民意” は含まれていないという不都合な真実

在日アメリカ軍の普天間基地を名護市辺野古に移設することを巡る工事が再開されたとNHKが伝えています。 これに対し、反対派が「沖縄の民意」を持ち出しています。ですが、最高裁での判決に従わず、地元の民意を無視して要求が共感を呼ぶことはないと言え…

「生活保護の不正受給率は0.45%だから大した問題ではない」という主張は「不衛生な食品は金額ベースで0.45%なので問題ない」と主張することと同じ

読売新聞のオンラインサイト『ヨミドクター』で原昌平編集委員が生活保護の不正受給に対する記事を掲載しています。 「生活保護の不正受給はごくわずかで問題ではない」という論調なのですが、擁護になっていないことが問題です。金額ベースでの不正受給率が…

編集権を自社に都合良く悪用するメディアの姿勢が「もう一つの事実」を生み出した原因だ

アメリカのトランプ政権がメディアを露骨に敵視する姿勢を鮮明にしていることに対し、読売新聞は2月1日付の社説で “米政権VS報道 「もう一つの事実」はあり得ぬ” と主張しています。 この見解は「内輪ウケ」することでしょう。しかし、自分たちの主義・主…

人権団体『アムネスティ』は山城博治被告の拘束に懸念を表明するなら、山口組の高山清司受刑者の件でも懸念を示せ

沖縄県高江にあるアメリカ軍北部訓練場のヘリパッド建設に反対する活動を行った際に、器物損壊や傷害の容疑で逮捕された山城博治被告を解放するよう人権団体『アムネスティ・インターナショナル』が声明を出したとNHKが伝えています。 この要求は論外と言…

大学は生活保護家庭の子への学費支援がないだけだ、問題をすり替えるな

駒崎弘樹氏が「生活保護家庭の子は大学行っちゃダメ問題」と命名し、国会で取り上げられたことを記事に書いています。 しかし、これは議論のすり替えに過ぎません。なぜなら、生活保護の家庭で育った子供でも大学進学はできるからです。 最大のポイントは「…

「朝鮮学校の子供たちには関係ない」という詭弁では “在日の大人たちの責任” は誤魔化せない

朝鮮総連との関わりを理由に補助金が止められたことは違法だとして朝鮮学校が訴えていた裁判で大阪地裁は原告敗訴の判決を下したとNHKが報じています。 原告や支持者はこの判決内容に不満を述べていますが、「交付資格を満たしていない学校に補助金が出さ…

アパホテルに本の撤去を求める中国・韓国に反論しないメディアはクズ

アパホテルに設置されていた南京大虐殺に異論を唱える書籍を撤去するよう中国や韓国が要求しています。 ですが、日頃から『言論の自由』を掲げるマスコミや日弁連は見て見ぬ振りをしている有様です。「言論が萎縮する」と嘆きながら、自分たちの主義・主張に…

弁護活動を否定する日弁連に存在意義はない、即座に権力を放棄し解散せよ

弁護活動を引き受けた弁護士が懲戒審査の対象となったとNHKが伝えています。 裁判を起こす権利は誰にでも存在しているはずですが、代理人を務めただけで懲戒の対象となるのは弁護士に求められている役割を果たすことができなくなります。日弁連が示した姿…

生活保護を不正受給する輩はクズ

生活保護を受給する世帯の自立支援を担当する職員が「不正受給は許さない」という趣旨の文言が書かれたジャンパーを着用して受給者宅を訪問して行為が不適切だったとして小田原市が謝罪したとNHKが伝えています。 生活保護は制度として必要でしょう。しか…

“埼玉ヘイト” を行ったシン・スゴ(辛淑玉)は差別主義者だと宣言したに等しい

反ヘイトスピーチを掲げる団体の共同代表が特定地域に対するヘイトスピーチを行い、墓穴を掘る展開となっています。 外国人であるシン・スゴ(辛淑玉)氏が共同代表を務める『のりこえねっと』が国防に不可欠な基地建設を妨害する活動に資金を出していると指…

経産省で起きたボヤ、犯人は違法な脱原発テントを設置した共同代表

経産省の敷地内で発生した放火事件で正清太一容疑者が逮捕されたと朝日新聞が報じています。 正清容疑者が単なる一般人なら、それほどニュースバリューはないでしょう。しかし、経産省の敷地内に違法に設置されていた脱原発テントの共同代表だった訳ですから…

小池東京都知事の勘違い:豊洲に費やした6000億円は既にサンクコストである

築地市場の豊洲移転を巡り、「有害物質が検出された」とメディアが騒いでいます。 おそらく、夏の都議選で小池知事が都議会自民党との対決姿勢を打ち出すために混乱を煽り続けることでしょう。しかし、毎日新聞に語ったサンクコストに対する考え方は間違って…

建物内が原則禁煙になるのは欧米基準と同様になるだけである

受動喫煙対策を目的とした健康増進法改正案の概要が明らかになったと読売新聞が伝えています。 方向性としては欧米の行われている禁煙対策に合わせるものと言えるでしょう。主な変更内容は下表のとおりです。

「共謀罪に対するQ&A」を確認しないから、小田嶋隆氏のコラムは共産党の主張を代弁するような内容になるのでは

小田嶋隆氏が「共謀罪」の成立に反対するコラムを日経ビジネスに掲載しています。 法務省が「組織的な犯罪の共謀罪」に対する御懸念についてというページで否定している内容であるにかかわらず、不気味さをぬぐいされないと「共謀罪」の成立に反対する勢力が…

「韓国政府は日本大使館・領事館前に設置された慰安婦像を撤去する義務はない」という主張は謝り

『慰安婦合意』が崩壊の危機に瀕しているとNHKの時論公論で出石解説委員が嘆いています。 “落としどころ” はあるのかと述べていますが、合意事項について日本側が譲歩することは皆無です。韓国政府が合意内容を着実に履行することが責務であり、甘やかす…

「騒音への配慮」を求める限り、保育施設への苦情が絶えることはないだろう

保育所や認定こども園で発生する音が原因で「うるさい」と苦情を受け、開演の中止や延期が起きていると読売新聞が伝えています。 住民側に “配慮” を求める従来の方法は限界に達していると言えるでしょう。子供たちが出す音や声を「騒音」と見なして、対策を…

政治活動をする自称・任意団体「のりこえねっと」は収支報告書を公表せよ

東京MX『ニュース女子』の番組中で「虚偽報道が行われ、誹謗中傷された」と訴えている団体が存在します。 対象が在日であれば、真っ当な批判であったとしてもヘイト扱いされることの方が問題です。『のりこえねっと』が出所不明の資金を提出していたことは…

「共謀罪」とレッテル貼りをする勢力はテロを実質的に支援している

野党などが “共謀罪” として批判している組織犯罪処罰法の改正案(=テロ等組織犯罪準備罪)が国会に提出される見込みであると時事通信が報じています。 しかし、“共謀罪” に該当する国内法を整備することは国際条約の関係から必須となっています。むしろ、…

買収の実態が報じられたレコ大で最優秀新人賞を獲得した『iKON』の不幸

『第58回輝く!日本レコード大賞』の最優秀新人賞に韓国の『iKON』が選ばれたことで「誰?」という声がネットで起きています。 J-POP がテレビから締め出されている韓国から “K-POP アイドル” が日本に出稼ぎに来る実態に不快感を感じる人がいて当然です。…

能年玲奈の騒動はレプロ(所属事務所)が成長の速度を見誤ったことが最大の原因だ

NHKの朝ドラ『あまちゃん』で主役を務めた能年玲奈さんが所属事務所から “干された” 状態となり、表舞台から消えている状態にあります。 「所属事務所(レプロ)との確執が問題」と週刊誌に報じられていますが、確執を生み出した原因は「所属事務所が能年…

「戦後」が終わると困ったことになる勢力が安倍首相の真珠湾訪問を否定する

安倍首相が現職の総理大臣としては初めてアメリカ大統領とハワイ・真珠湾を訪問しました。おそらく、世論調査では7〜8割ほどが好意的に捉え、否定的な見解を述べるのは多くて2割でしょう。 しかし、“戦後” が終焉すると困ることになる勢力が「和解」を否…

子宮頸がんワクチンを問題視した報道は “フェイクニュース” であり、報じたマスコミは訂正する責務がある

「子宮頸がんワクチンを接種後に健康被害が相次いだ」と扇情的にマスコミが報じましたが、報道された内容自体が “フェイクニュース” だった疑いが強くなっています。 問題と根拠とされた研究手法が不適切だっただけでなく、ワクチン接種をしていないにもかか…

新千歳空港で暴れた中国人を逮捕し、罰さなければならない

雪によって搭乗予定機が欠航したことに腹を立てた中国人観光客が暴れるという事件が新千歳空港で発生していたとNHKが伝えています。 暴力行為に訴え出たのですから、逮捕し、罪に問うことが必要と言えるでしょう。「客だから」という理由で大目に見ること…

沖縄は「オスプレイへの不安と怒り」は敏感に感じるようだが、「中国海軍への不安と怒り」は微塵も感じないようだ

中国海軍の空母が沖縄本島と宮古島の間を通過したことを防衛省が確認したとNHKが伝えています。 沖縄に与える脅威という点ではオスプレイと比較にならないのですが、翁長知事や沖縄メディアから批判の声は一向に聞こえてきません。“攻撃能力を有する移動…

仮放免制度で「犯罪者が野に解き放たれている現状」は決して容認できない

強盗、強制わいせつ、覚せい剤事件などの関与し有罪判決を受けた外国人が一時的に拘束を解かれる『仮放免』中に行方をくらまし、逃亡しているケースが相次いでいるとNHKが報じています。 「罪を償っていない犯罪者が野に解き放たれている」ことと同じなの…

中国の意向を受けた活動家が沖縄独立に動いている実態が公安調査庁の報告で明らかに

公安調査庁は毎年「内外情勢の回顧と展望」を公式サイト上に掲載し、日本国民に対して、注意喚起を行っています。NHKによりますと、ことし公表された内容には「中国が沖縄独立運動を煽り、分断を図っている」と注意喚起するものが含まれているとのことで…

“保険金殺人の容疑者として服役していた” 青木惠子氏が1億4000万円の賠償を求めて提訴

大阪の東住吉区で保険金殺人の容疑で服役し、無罪となった女性が国などを相手に損害賠償を起こしたとNHKが伝えています。 限りなく “黒に近いグレー” だった人物であっただけに疑惑の目が向け続けられるでしょう。4000万円のマンションを購入するも、支払…

具体的な指摘できない者は感情論に基づく言いがかりを述べる傾向にある

「日本人は討論が苦手な傾向にある」と言われます。ディベートやディスカッションといった討論を行う機会が教育カリキュラムで比重を置かれていないことが原因の1つでしょう。 それと同じぐらい影響があることは「具体的な指摘を行わないメディア」の存在で…

利益供与をする記者がメディアへの信頼を損なう大きな原因の1つ

メディアにとって “情報の信頼性” はビジネスを行う上で非常に重要なことです。しかし、「便宜を図ってもらうことは難しいことはではない」というメッセージを世間に浸透させかねない事件が明るみに出ました。 フジテレビの記者が接待の見返りに暴力団関係者…