イギリス・ガーディアン紙、タブロイド判に紙面変更するほど経営不振が深刻化

高級紙の代名詞との印象が持たれているリベラル派のガーディアン紙がタブロイド判に紙面を変更したと AFP 通信が報じています。 経費節減策として、紙代やインク代を削るという “涙ぐましい努力” をしなければならないほどに経営状況が悪化しているという証…

二階・自民幹事長と井上・公明幹事長には「安倍首相の平昌五輪開会式出席」を求める理由がある

2月に韓国で行われる平昌冬季五輪の開会式に安倍首相の出席を促す動きが出ていると朝日新聞が報じています。 慰安婦問題に対する韓国政府の対応で有権者は「安倍首相が平昌五輪の開会式に出席する価値はない」と見なしているでしょう。その中で与党内から「…

朝日新聞:2017年下半期は 2.3% の下げ幅を記録も、販売部数は600万部台を辛くも維持

『日本ABC協会』が発行する「新聞発行社レポート」が1月15日に発表され、その中で2017年12月の最新販売部数が明らかとなりました。 600万部台の販売部数を維持できるかが注目された朝日新聞は約604万部と大台割れを回避することに成功しました。なお、2017年…

民進党と希望の党が統一会派で大筋合意、『大・民主党構想』に向け前進する

『民進党』と『希望の党』が統一会派を結成することで大筋合意に達したと NHK が報じています。 この動きは “野党を応援するマスコミ” にとっては気が気でないでないでしょう。「野党第1党」の座を『民進+希望』に取られると「野党第1党も憲法改正の発議…

ICAN が「東欧諸国歴訪より我々の事務局長と面会しろ」と日本政府に要求、横暴な活動家の馬脚を表す

ノーベル平和賞を受賞した ICAN (アイキャン)が「安倍首相との面会を内閣府に申し入れたが、“調整困難” との回答があった」と発表し、NHK などが報じています。しかし、このニュースは事実とは異なるため、注意が必要です。

大砂嵐のかち上げを禁止した一方で、白鵬のかち上げを容認してきた相撲協会の姿勢こそ問題だ

1月14日から平成30年(2018年)の初場所が始まりましたが、その中で横綱・白鵬の立ち合いに注目が集まっています。 近年、白鵬は立ち合いで「張り差し」や「かち上げ」を多様する取り組みが目立っています。そのため、横綱審議委員会からの苦言が出て注目さ…

「国会は国民のためにある」と断言できない政治記者がいる朝日新聞に公平・中立を期待することはできない

自民党の森山国会対策委員長が「少数野党への配慮には限度がある」と質問時間の配分に難色を示したことに対し、朝日新聞の前田直人氏は「国会は野党のためにある」と自身のツイッターで主張しています。 この認識なのですから、朝日新聞が報じる内容に公平・…

訪日外国人旅行者数が過去最高を記録、量から質への転換を始める時期に差し掛かっているのでは?

「日本を訪れた外国人旅行者数が過去最高を更新した」と国交省が発表したことを NHK が伝えています。 ただ、量を追い求めるだけは日本経済への効果は限定的です。そのため、「質」に比重を置くための準備を始める時期に差し掛かっていると言えるでしょう。

信越線が大雪で立ち往生した件で雪とは無縁の首都圏メディアが “夜間雪中行軍” を要求する非常識ぶりを露呈

大雪のため、JR 東日本の信越線で列車が立ち往生するトラブルが発生しました。 当事者である乗客は JR 東日本の対応に感謝する一方で、雪とは無縁の首都圏(や在阪)メディアが「JR 東日本の対応にケチを付ける」という状況が起きています。朝日新聞を始めと…

尼崎脱線事故の遺族がJR西に「新幹線の台車亀裂事故の担当者への処分」を要求し、第2の尼崎脱線事故を引き起こす要因を作り始める

「社員を処罰する企業風土」が根付いていたJR西日本で無理なダイヤ編成が組まれた結果、尼崎での脱線事故が発生しました。処罰を恐れた現場運転手のトラブル隠しが最大の原因だったことを(一部の)遺族は忘れているのでしょう。 一部の遺族が「新幹線の台車…

立憲民主党が「公務員叩き」に迎合して炎上、枝野代表の鎮火は失敗

野党として存在感を高めたい立憲民主党ですが、公式ツイッターで「公務員叩き」に熱心な層に迎合しています。 「公務員の人件費を削減する」との主張ですが、この政策は経済に悪影響を与えることでしょう。公務員の給与水準に準拠する民間企業が給与引き下げ…

星浩氏、TBS NEWS 23 で「政権が変われば、国際合意は破棄される」と虚偽の内容を述べる

1月9日に TBS 系列で放送された『NEWS 23』の番組内で星浩氏が慰安婦合意を事実上破棄した韓国政府の肩を持つ発言をしています。違法行為を容認する発言であり、問題と言えるでしょう。

「日本人アスリートはドーピングとは無縁」との “神話” を崩壊させたカヌーの鈴木康大選手

ライバル選手の飲み物に禁止薬物を混入した結果、知らずに飲んだ選手がドーピングで陽性となって資格停止処分を受けていたことが明るみに出たと NHK が報じています。 手口そのものは「危険性がある」と認識され、知られていたものです。ただ、『性善説』が…

ムン・ジェインの姿勢は「慰安婦合意に納得しない韓国世論に忖度し、自主的に追加措置を実施せよ」というものだ

慰安婦合意に対する検証結果を9日に発表した韓国政府ですが、翌10日にムン・ジェイン大統領自らが記者会見で「日本の追加対応に期待する」と述べたと NHK が伝えています。 韓国的には「合意事項の破棄・見直しを回避してやった」のだから、それに対する “見…

「外国人留学生」の数が増加すれば、新成人に占める外国人の割合も高くなるだろう

東京23区の新成人およそ8万3000人のうち、8人に1人に当たる1万人余りは外国人であることがわかったと NHK が伝えています。 このニュースから「外国人は社会を担う欠かせない存在」とのコメントを引き出していますが、東京23区のケースは特殊事例という認識…

BBC 中国編集長の女性が「男性の海外担当者との賃金格差」を理由に批判するのはおかしい

BBC の中国編集長を務めるキャリー・グレイシー氏が「男性同僚との賃金格差」を理由に編集長を辞任したと BBC が伝えています。 グレイシー氏は「BBC の海外担当編集長は同一賃金であるべき」と主張していますが、これは支持されない理由にもなるでしょう。…

誰でもミスはするが、外部から3度目の指摘でようやく間違いを認めた大阪大学の姿勢は褒められるものではない

大阪大学で行われた入試試験で出題ミスがあり、本来であれば合格していた30名が不合格になったとことが明らかになったと NHK が伝えています。 ミスは誰もがすることですが、認めるまでに1年近くを要したことは問題と言えるでしょう。外部から3度目の指摘で…

立憲民主党など野党は「公益財団法人・日本相撲協会の不祥事」を通常国会で追求してはどうか

日本相撲協会の評議会は「礼を失した」との理由で貴乃花親方を理事から解任しました。 『公益財団法人』として税制面での優遇措置を受ける立場にありながら、暴力事件に対するコンプライアンスを守っていないことは問題と言えるでしょう。監督する立場である…

日経新聞、「インフラ民営化は世界的な流れ」と時代遅れの主張を展開する

日経新聞の公式ツイッターが「老朽化で維持コストが今後膨らむインフラは民間に任せるのが世界の流れ」と主張しています。この考えが20年ほど時代遅れになっていることに気づいていないことが致命的と言えるでしょう。

立憲民主党の原発ゼロ政策は非現実的で、電力利用者の高額なコスト負担を要求するものだ

朝日新聞の南彰記者が「立憲民主党の原発ゼロ法案の骨子が判明した」との記事を書いています。 南記者の政治的立ち位置と合致する政党であるため、応援の意味合いもあるのでしょう。ただ、法案内容は “ツッコミどころ” が満載であり、パフォーマンス用の法案…

「災害被災者が要支援者の避難・救助を無償でやる」という設定がおかしいことを指摘できない朝日新聞

朝日新聞の島脇健史記者が「要支援者の避難計画、策定1割満たず」と題する記事を書き、災害時に要支援者を避難・救助するための人材不足を指摘しています。 これは当然のことでしょう。なぜなら、「災害時に要支援者となる人物」を避難・救助するための人物…

田原総一朗氏、元日の番組で「北朝鮮は核を日本に打つとは言っていない」と嘘をつく

BS 朝日で元日に放送された討論番組で、ジャーナリストの田原総一朗氏が「北朝鮮は核を日本に打つとは言っていない」と明らかに事実と異なる主張を展開しています。あまりに雑な主張と言えるでしょう。

2割弱の私大や短大が経営難に陥っている状況で教育無償化することは大学法人への無意味な延命策だ

読売新聞が日本私立学校振興・共済事業団に情報開示を要求したことで初公開された財務データから、私立大学や短期大学を運営する法人の 17% が経営困難な状況にあることが判明したとのことです。 少子化が進行し、学生の奪い合いが起きている状況で教育無償…

賭博に甘い対応をする巨人とは違い、阪神がオ・スンファン(呉昇桓)の獲得に乗り出すことはないだろう

巨人の機関紙である報知新聞が「阪神、来季も韓流補強」と題し、阪神で守護神として活躍したオ・スンファン投手を補強リストに加える可能性があると書いています。 ただ、このシナリオはまずないと言えるでしょう。“投手の能力とは別の理由” で球団側が獲得…

日経新聞本社火事で男性が亡くなった事件、 “何らかの問題” があったことは確実だ

年の瀬が迫った12月21日に日経新聞の本社で火災があり、男性が1人亡くなるという事件がありました。 NHK によりますと、28日に亡くなった男性の身元が判明。都内にある日経新聞専売店の経営者だったとのことであり、何らかの問題があったことは確実と言える…

「組織内で起きた暴力事件に対する “法の支配” は及ばない」との態度を採る日本相撲協会から『公益』の資格を剥奪せよ

元横綱・日馬富士の傷害事件に端を発した日本相撲協会の騒動ですが、協会側は貴乃花親方を理事から解任することを提案したと NHK が伝えています。 貴乃花親方を理事から解任することで幕引きを行いたいのでしょう。しかし、『公益財団法人』として税金が免…

朝日新聞・大貫聡子記者と李信恵氏、嘘つきはどっちだ?

朝日新聞がまとめサイトに転載された内容で名誉毀損を訴えた女性・李信恵氏にスポットを当てた記事を掲載しているのですが、その内容に矛盾が生じています。どちらかが嘘をついていると言えるでしょう。

韓国政府の慰安婦報告書は韓国の国内問題、日本側が追加で配慮をする必要性はゼロだ

ムン・ジェイン大統領が選挙公約の1つとしていた『慰安婦合意』に対する検証作業が終了し、12月27日に検証結果をまとめた報告書が発表されたと NHK が伝えています。 「日韓関係が悪化する恐れがある」と懸念するメディアも現れることでしょう。しかし、悪化…

朝日新聞、「放射性廃棄物の崩壊熱で地下は南国のように暑かった」と事実と異なるツイート

「エビデンス?ねーよ、そんなもん」と宣言した朝日新聞ですが、編成局がツイッター上で有言実行し、宣言内容が正しいことを実証する事態が起きています。

被害総額1600万円以上の事件に対し、40万円で被害届の取り下げを要求する朝鮮総連のクズっぷり

北朝鮮籍の男らが北海道・松前小島で窃盗行為を働いた件で、朝鮮総連が被害の補償を申し出ていた協議が決裂したと北海道文化放送が伝えています。 被害総額1600万円以上の件に対し、わずか40万円で被害届の取り下げを要求したのです。朝鮮総連のクズっぷりが…