日中間の急激な関係改善は「中国政府の意向次第で急激に変化する」ことを意味している 日本政府は適切な距離感を保つべきだ

NHK によりますと、中国を訪問している安倍首相がシー・ジンピン(習近平)国家主席と会談を行ったとのことです。 会談そのものは珍しくありませんが、「厚遇を受けたこと」が異例と言えるでしょう。両国関係が「良好」であることは望ましいことです。 ただ…

アメリカ永住を目指すキャラバン隊がメキシコ国内を北上中、“ドリーマー” と持ち上げたリベラル派は立場を鮮明にすべき

AFP 通信によりますと、アメリカへの移民を希望する中米出身者で構成されるキャラバン隊がメキシコ国内を北上しているとのことです。 不法滞在者を “ドリーマー” を持ち上げたリベラル派は「新たなドリーマー」であるキャラバン隊に対する立場を表明すべきで…

無限の賠償責任を負った電力会社が経営破綻すれば国費投入を余儀なくされるのだから、賠償の制度設計は必須

朝日新聞によりますと、原発で重大事故が起きた際の賠償責任を定めた『原子力損害賠償法』は抜本的な改正が見送られたとのことです。 中でも、電力会社に「賠償の無限責任」を負わせたままの点はマイナスと言えるでしょう。なぜなら、賠償が理由で経営破綻と…

「最低賃金の引き上げ」を訴える藤田孝典氏、『ブラック企業の保護促進』を主張して矛盾を指摘される

『反貧困』が左派のトレンドの1つとなっていますが、その中で聖学院大学で准教授を務める藤田孝典氏が貧困を助長するツイートをしてしまっています。 本人はそのことを認識している自覚は持っていないと判断せざるを得ないため、致命的と言わざるを得ないで…

「中国への ODA (= 政府開発援助)終了」を決断した安倍政権の方針は評価しなければならない

NHK によりますと、これまで累計3兆円以上が供与されてきた中国への ODA (= 政府開発援助)が終了を迎える方向であるとのことです。 この方針を示した安倍政権は高く評価されるべきでしょう。なぜなら、世界第2位の経済大国である中国を日本が支援をする必…

経産省が「太陽光発電施設への安全規制強化」に重い腰を上げる 違反事業者へは「免許取り消し」を含めた措置が必要だ

NHK によりますと、経済産業省が台風などの災害で太陽光発電の施設の破損による周囲への被害を防ぐために安全規制を強化する方針になったとのことです。 現在は野放し状態であっただけに、対策が講じられたことは1歩前進したと言えるでしょう。しかし、それ…

日テレと朝日新聞、立憲民主党・近藤昭一副代表の政治資金規正法違反問題を矮小化して報じる

立憲民主党の近藤昭一副代表に政治資金規正法違反が発覚しました。 これに対し、日本テレビと朝日新聞が忖度した報道を行っていますが、与党・自民党の議員が同様の問題を起こした際の報道とは大きく異なります。現状では既存メディアに公平・中立な報道を期…

中国と通貨スワップ協定を締結する “見返り” を日本政府は示す責務がある

NHK によりますと、10月26日に行われる日中首脳会談に合わせて両国政府が通貨スワップ協定を再開することで合意する見通しとのことです。 以前よりも額が10倍になるとのことですので、明らかに「中国への助け舟」と言えるでしょう。つまり、相応の “見返り” …

ヨーロッパ訪問で「EPA の早期発効」を始めとする一連の案件で仕事をした安倍首相の働きは評価されるべき

NHK によりますと、ベルギーを訪問している安倍首相が EU のユンケル委員長と会談したとのことです。 その中で、「EPA の早期発効」や「イギリスの EU 離脱問題」などで日本の立場を伝えたことは評価されるべき点と言えるでしょう。なぜなら、いずれの言及も…

認知症の患者が勝手に出歩いて怪我をすれば入院施設に賠償判決が下されるのだから、「拘束を減らすべき」との学者からの提案は無意味

「認知症の人々が入院した際、約3割が身体を縛られるなどの拘束を受けていた」との調査結果が明らかになったと読売新聞が報じています。 これは止むを得ないと言えるでしょう。なぜなら、拘束を禁じるなら、認知症を抱える入院患者を24時間体制で監視し続け…

巨人がセリーグの覇権を取り戻すには「打線として機能すること」と「ブルペン陣の整備・底上げ」が必要不可欠

2018年のプロ野球はレギュラーシーズンが終了に近づき、ほとんどのチームが来年以降の編成に注力し始めています。 セリーグは広島カープが圧倒的な強さを見せたため、それを止めらるチームが出てくるかが鍵になるでしょう。プロ野球は “興業” ですので、「集…

朝日新聞、韓国を見習う形で “県民情緒法” を持ち出し、辺野古移転問題で沖縄県に肩入れするトンデモ記事を掲載する

朝日新聞が10月17日付の記事で「辺野古工事、政府が奇策再び」と移転反対を主張しています。 この記事で問題なのはタイトルで “法的に決定した手続き” を「奇策」と主張していることでしょう。『感情』が『法』を超越するのは「韓国の悪しき習慣」です。 そ…

ジャマル・カショギ氏失踪事件、「制裁にはより大きな報復」と脅すサウジアラビアに対するリベラル派の出方が注目点だ

ワシントン・ポストに寄稿していたサウジアラビア人のジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジアラビア大使館から失踪した事件で、サウジアラビア政府が「制裁には報復する」と示唆していると AFP 通信が報じています。 注目点は「リベラル派…

「消費税率の引き上げ」による景気の低迷への対策は「社会保険料の引き下げ」と「高齢者の医療費3割負担」だ

NHK によりますと、2019年10月に消費税率を 10% に予定どおり引き上げる意向を示している安倍首相が「消費の冷え込みを抑える対策に万全を期すように」と関係閣僚に指示したとのことです。 消費税率を上げる主目的が「社会保障の全世代型への展開」なのです…

パラリンピアンをアスリートだと認めない価値観こそ、差別的だと言わざるを得ないのではないか

NHK によりますと、2020年の東京パラリンピックを盛り上げるために掲示されたポスターに対し、批判が寄せられたことでポスターが撤去されたとのことです。 「パラリンピアンの意気込み」であったにも関わらず、「障害者への配慮が欠ける」とのクレームが勝っ…

NHK は「受信料の値下げ」よりも「スクランブルの導入」を優先すべき

テレビ放送のインターネット同時配信を目指す NHK が「受信料の値下げ」を行うことで政府からの許可を得ようとしています。 ですが、この方針は認めるべきではないでしょう。なぜなら、テレビを保有しているだけで、NHK を視聴する気もない人も受信料を強制…

ドイツ南部バイエルン州で連立政権を組む与党が大敗、メルケル政権に対する逆風が強まる

ドイツ南部に位置するバイエルン州で現地10月14日に州議会選挙が行われ、メルケル首相の下で連立政権を組む政党がどちらも大敗したと日経新聞が報じています。 2017年に行われた連邦議会で議席を大きく減らした “大連立を組んでいた2大政党” が今回のバイエ…

「補助金頼みの県政から脱却する」と選挙で主張した玉城・沖縄県知事、政府与党に「補助金の増額」を要請する

産経新聞によりますと、政府・与党詣を行っている玉城デニー・沖縄県知事が選挙時に自らが訴えていた「補助金頼みの県政からの脱却」から前言撤回を行ったとのことです。 「補助金の増額」を要請する一方で、国防に必要な基地の移転に反対しているのです。国…

日本で毎年世界大会が行われるバレーボールで、スポンサー獲得に苦労するのは止むを得ないこと

朝日新聞によりますと、バレーボールの世界選手権(= 世界バレー)を共催・中継する TBS が今大会の収支で大幅な赤字を計上するとのことです。 この状況に陥ることは時間の問題だっただけに、TBS が “ババ” を引いたに過ぎません。他の在京キー局も同様のリ…

高額な買取価格が保障された補助金依存の太陽光発電で、未稼働施設の買取価格が引き下げられることは朗報

読売新聞によりますと、経産省が FIT (全量固定価格買い取り制度)で高価格での買取を認定されながらも、未稼働の太陽光発電事業者に対する買取価格を引き下げる方向に進んでいるとのことです。 この方向性は当然と言えるでしょう。民主党・菅直人政権時に…

阪神の低迷理由は「チームの方向性を示さないフロント陣」と「組織管理能力に欠けた監督」

阪神タイガースでオフの定番となっている “お家騒動” が発生し、金本知憲監督が(実質的な)解任となりました。 組織として機能していないのですから、チームが低迷することは当然の結果と言えるでしょう。フロントと監督の双方に大きな責任があり、これらの…

NHK、「イ・スンシン(李舜臣)将軍が使った旗」という “韓国の妄想ストーリー” を疑うことなく放送する

韓国側が『旭日旗』にケチを付けた国際観艦式で、NHK が「イ・スンシン(李舜臣)将軍が使った旗」とする韓国の妄想を事実として放送しています。これは明らかな誤報であり、訂正が必要と言わざるを得ないでしょう。

『商業的価値が低い状態の女子サッカー』で「競技人口の増加」を目指す FIFA のスタンスは間違いである

AFP 通信によりますと、FIFA が「女子サッカー選手の数を倍増させたい」との目標に向け、具体的なプロジェクトに着手しているとのことです。 ただ、優先順位の付け方を間違っているコメントをトップが残しており、先行きは良くないと言わざるを得ないでしょ…

「メディア規制」を日本に要求する中国共産党の姿勢に反論しないメディアに『報道の自由』を語る資格はない

中国共産党のソン・タオ(宋濤)対外連絡部長が日中与党交流協議会での講演で「日中両国関係の発展のため、メディアに真実を報道するよう働きかける」との発言があったと朝日新聞などが報じています。 この部分だけでは事実に基づく報道を呼びかけた内容に思…

香川、乾、柴崎 ロシアW杯で躍動したサッカー日本代表選手が所属クラブで苦戦する理由

ロシアW杯で活躍したサッカー日本代表選手の選手が所属クラブで思うような出場機会を得ることができずに苦労しています。 香川、乾、柴崎の3選手が代表例と言えるでしょう。2019年の1月からアジアカップが行われるだけに代表チームの主力として期待される選…

「日本の若者への職業教育」を主目的に認可を得ている専門学校で、外国人学生が9割以上の学校が存在することは問題だ

読売新聞によりますと、日本の若者の職業教育を主目的に学校教育法に基づく設置許可を受けている専門学校で、外国人学生の割合が9割以上となっている学校が全国で少なくとも72校になっていることが明らかになったとのことです。 この件は速やかに是正する必…

外国人材受け入れ体制の拡充を図るなら、不法滞在問題の解決に本腰を入れることが不可避だ

NHK によりますと、菅義偉・官房長官は『日曜討論』の番組内で、外国人材の受け入れ拡大に向けた法整備を今秋の臨時国会で行いたいとの意欲を示したとのことです。 ただ、安易な外国人材の受け入れは社会に負担を及ぼすだけです。少なくとも、在留資格を満た…

アメリカ、連邦最高裁の判事に保守派ブレット・カバノー氏が就任 リベラル派の訴訟戦術に陰りが生じる

終身制であるアメリカ連邦最高裁の判事に保守派のブレット・カバノー氏がトランプ大統領から指名され、議会上院で承認されたと NHK が伝えています。 この結果、9人で構成される連邦最高裁の判事の内、5人は保守派となりました。今後は「保守派寄りの判断」…

ルール違反が横行し、ネズミの住処となっていた築地市場が閉鎖されるのは良いことだ

長年運用されてきた築地市場が閉鎖され、豊洲市場に中央卸売市場の機能が移転されました。 都知事や共産党などの妨害で時間とコストを浪費する結果になりましたが、豊洲市場への移転が行われたことは良かったと言えるでしょう。なぜなら、築地市場で常態化し…

「審査会の委員がヘイトと思う行為は差別」との条例が東京都で成立

NHK によりますと、都議会の定例会で性的マイノリティーへの差別やヘイトスピーチをなくすための条例案が可決・成立したとのことです。 この条例は「差別の定義」が曖昧で、恣意的な運用ができることが問題と言えるでしょう。また、「あらゆる差別をなくす」…